富山市医師会看護学校専門学校

29年度 富山市医師会看護専門学校 学校評価

学校職員による評価結果

評価基準 3 当てはまる
やや当てはまる
当てはまらない
図1 領域別平均
図1領域別平均グラフ
 平成29年度は、富山市内の『まちなか総曲輪レガートスクエア』内に新築移転してのスタートとなった。「Ⅰ教育理念・目的、教育目標」「Ⅱ教育課程・教育活動」「Ⅲ学校経営・管理運営」の3項目が2.5以上の結果となった。4月以降は、新校舎への来校者も多く、建物に込めた思いと自校の教育の特徴を説明する機会も多くあった。新たな環境となり、学校職員それぞれが『快適かつコスト削減を意識した環境とは』について考え工夫をした。さらに学校職員全員で「ダイヤモンドナイン」を実施し、1年間の取り組むべき目標を明確化し共通認識を図った。「Ⅳ教員育成」「入学・卒業対策」においては、昨年同様の結果となった。准看護学科は、1学年2クラスから3クラスへ、また1日登校日の追加があり、授業体制が大きく変化した。さらにクラス担任制から学年担当制に変更し、この体制に慣れるまでの時間を費やした。これらの影響もあり、授業準備の時間確保の困難は続いており昨年より低い結果となった。また、教務研究は両学科合同で実施したが、その準備時間の確保が困難な状況であり、今後の課題である。「Ⅵ地域貢献・国際交流」においては、2.3であるが、昨年度より高い結果となった。『まちなか総曲輪レガートスクエア』内にある他施設との官民連携事業の実施や交流(防災訓練、施設の共有、講師の交流等)を積極的に進めた結果ともいえる。


過去の評価

平成28年度学校評価

平成27年度学校評価


ページの先頭へ